補正下着はどうして必要?

 
補正下着とは、ボディラインを整えることにより、その上に着る衣類のシルエットをより美しくするための下着の総称です。基礎衣類を意味する英語の「foundation garment」(ファウンデーション・ガーメント)の略で、補正のための下着を意味します。
現代の日本では、ファンデーションとも言い、特に補正力(補整力)を強調する場合にはそのまま補正下着や補整下着と呼ばれることもあります。
 
 
要は顔のファンデーションと同じように、洋服を着る前に身体のラインを整える土台的な役割を果たすものということです。
 
 
ですので、体型の崩れが気になる時やいつもより美しいボディラインにしたい時につける下着のことを指すのですが、必ずしも身体をギューギューと締め付ける下着が「補整下着」という訳ではありません。
 
 
漢字の通り「補整」とは「補って整えること」を指すので、お肉によってできたボコボコのラインをスムーズなラインにする、垂れてきたバストを正しい位置に引き上げて整えるといったように、下着をつけることによって元の体型に近付ける手助けをしてくれるものが「補整下着」であると言えると思います。
 
逆にエステティックサロンの施術のように、下着をつけない状態でも理想のボディラインに近付くように体型を変えるような下着のことを「矯正下着」と呼びます。
 
女性のからだの変化
 
まず、女性は30代になると、生活レベルが向上して体の機能が低下し、お腹に脂肪がつきすぎてしまいます。
だから女性の体は肥大化しています。しかし脂肪は体の中を泳ぎ回れるもので、体の固定的な組織に属していませんから、そのために、ある期間後、女性は外圧を使ってボディーラインを作る必要があって、お腹に蓄積された脂肪が乳房やお尻などの他の部分に分散され、女性の体をより調和させられます。
 
産後用ガードルなぜ必要?
 
女性が出産するとき、お腹が徐々に大きくなる可能性があります。なぜかというと、妊娠中、母親はリラキシンを分泌し、骨盤が緩んで広がり、恥骨が分離しまいます。
元の骨盤角度は90度で、分娩後は120度になります。そして、回復が良くないと、体つきが潰れやすくなります。
ゆえに、補正下着を着用することは、ぽっこりお腹、腰を引き締め、骨盤の角度を減らすことなど、それらの問題に悩まされいる産後の母親を助けます。
 出産後、短期間が回復できないなら、骨盤が成形した後、二度と完璧な体つきに戻ることはできません。 
 
 
伝統的な補正下着なら生地が主にポリウレタンの織物で、このような生地は人体の新陳代謝のスピードを上げることができますから、シェイプアップの効果も明らかです。
しかし、一つ明らかな欠陥もあります。それはきつすぎて、一部の女性としては長く着続けることは難しいという事です。
補正下着がきつすぎると、肌や体に長時間の圧力が与えられるため、断続的に着用することをお勧めします。 いま、は伝統的な補正下着に基づいて新しい生地を開発しました。
この制品の主な生地はモダール素材などの天然の抽出物ですから、着付けがきつくなくて、ボディラインを作るとする効果もいいです。
 
 
 
履くだけでお腹を細く見せる。ハイウエストガードルで今、一番売れています!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。